【基礎知識】物件探しで下見はとっても重要

"部屋探しで下見というのはまさに必須であり、室内は当然のこと、周辺も細かく確認して、納得の部屋を探すようにしましょう。
どんなに不動産屋で説明されてもわからないことは数多くありますので、現地調査でしっかりと確認をしておくことが大切なのです。

 

便利さでしたら通勤や通学に合わせたチェックが必要となってきますので、時刻表などと照らし合わせてチェックしましょう。
昼間の状況だけではなく、夜間タクシーで帰宅したり出掛ける人もいるでしょうから、タクシーに関する情報も集めておくようにしましょう。

 

生活の便利さは人によって異なっていますので、下見でのチェックポイントは自分の生活のことを考えながら実施しましょう。
まずは自分のライフスタイルをまとめてから現地へ下見に行くのが賢い方法と言えます。"

火災保険の案内
http://www.sure-support.com/
火災保険



【基礎知識】物件探しで下見はとっても重要ブログ:2018-02-14

みなさん、こんばんは〜♪

昔は、身長から110を引いた数値が、理想の体重と言われていましたが、
これは美容体重であり、あまり健康的な数値ではないと指摘されています。

現在でも、この美容体重を目標に
ダイエットするようなエステもあるようですが、
健康的な体重が算出できるのはBMIという方法です。

「BMI=体重kg÷身長m×身長m」で、22が理想の体重になります。

ただ、美容体重よりも重くても標準や、痩せぎみと判断されるので、
ダイエットしている人の目標体重と思われがちですが、
体重と身長だけで判断するのは早計だと言えます。

現在、体重計を使って、
ダイエットを行っている方がほとんどだと思いますが、
体重ほど当てにならないものはないんですよね。

一流のアスリートは引き締まった美しい体ですが、
体重を調べると、想像よりも重い場合が多いのです。

逆に体重が軽く、スリムな体のモデルさんが、
内臓などに脂肪が多くついていて、
いわゆる「隠れ肥満」に陥っていることも珍しくありません。

体重の数値より重要なのは、体の脂肪と筋肉の割合なのです。

痩せて引き締まった体は美しいですが、
筋肉がなくて細い体は病的ですので、肥満度は体重が決めるのではなく、
脂肪の割合が決めるのだと意識しましょう。

ダイエットとは、本来、健康上の問題で体重を減らし、
脂肪の割合を減らすのが最大の目標です。

しかし、全く健康なのに、痩せた体を手に入れたくて
ダイエットを行っているのですから、
健康的で美しい体にする為に、
脂肪率と骨格筋量も計測できる体重計を使いましょう。

ニンニン


このページの先頭へ戻る