【基礎知識】賃貸契約する時には審査がある

"不動産会社が貸主代理や物件の管理を全て任されている賃貸物件というのは、比較的審査が厳しくなっている現実があります。
中には所得証明書や源泉徴収票などの提示を求められることもあるので、予め用意をしておくと良いでしょう。

 

家賃の保証契約などに、大家さんと不動産会社で結んでいるといったこともあるので、そのような場合には借りる方の家賃の支払能力が一番重要なことになるのです。
このようなケースである場合には、個人信用情報機関の情報を確認することもあるので審査が厳しくなる傾向にあります。

 

一般的な大家さんというのは、それほど厳しく審査を実施することはありません。
友人同士で借りたい!同棲をしたい!このような場合にも大家さんが問題無いと判断をすれば契約をすることが出来るのです。"



【基礎知識】賃貸契約する時には審査があるブログ:2018-04-04

減量中に体重を測ると、時々、
体重は減っているのに、体脂肪率が増えている
なんてことがありますよね。

なぜ、こんなことが起こるかというと…

それは、
体質の水分が電気を通して、
その通る電気の割合で体脂肪が計算されているからなんです。

体質の水分の分布は
時間帯によって変化します。

寝ている時、体内の水分は体質の中心部に集まります。
逆に活動中は、体質の先端の方に多く分布します。

つまり、午前中起きてすぐは、
水分がまだ中心部にある状態ですから、
体脂肪計の電流が通る足や手には
水分が少ないということになります。

そのときに体脂肪率を測れば、
必然的に体脂肪率は、高めに計測されてしまいます。

立ち仕事が多かった日などは、
重力によって、水分が足の方にたまりやすくなっていますから
上に乗って足に電流を流すタイプの体脂肪計だと、
体脂肪率が低く計測される場合もあります。

体質の水分量や分布が一番安定しているのは、
17時の入浴から2時間後ぐらいの寝る前だといわれています。

大事なのは、毎日できるだけ同じ時間帯、同じ条件で測ることです。
毎日、同じ体脂肪計で、同じ時間帯に、
できれば同じ条件で測ることができれば、
数値の正確な増減を知ることができます。

逆に測る時間帯もまちまち、
1週間前は入浴前に測ったけど、今日は入浴後だったり、
測る条件も違ったりすると、その数値はあまり参考にはなりません。

入浴だけではなく、トレーニングの前後なのか、食べる事の前後なのか、
揃えたい条件はたくさんあります。

なお、上に乗るタイプの体脂肪計の場合は、
両足のヒザや大腿部がくっつかないように立ちましょう。

くっついていると電流の流れ方が変わって、
正確な数値が測れませんよ。


このページの先頭へ戻る