【基礎知識】ターミナル型の不動産屋

【基礎知識】ターミナル型の不動産屋


【基礎知識】ターミナル型の不動産屋
"ターミナル型の不動産屋というのは、大きな駅前に隣接されている不動産屋のことを指します。
流通物件を多く抱えているターミナル型の不動産屋は、いわゆる独自物件と言われる隠し物件は多くの場合取り扱っていません。

ターミナル型の不動産屋の情報量というのはとても多く、対応エリアも幅広く物件を取り扱っています。
どこからでも来店しやすいように、ターミナル型の不動産屋というのは駅前などに店舗を構えており、便利に利用することが出来ます。

ターミナル型の不動産屋で働いている従業員というのは若い世代の人が5人から6人程度で営業をしています。
若い世代が多く利用をしている賃貸物件だからこそ、自分のことのように親身になって物件探しをしてくれることでしょう。"



【基礎知識】ターミナル型の不動産屋ブログ:2018-05-30

オレは、ダイエットのために食事にも気を付けて、
運動も頑張っていたんですが、ぎっくり腰になってしまいました。

ぎっくり腰の治療中はほとんど動けませんから、
当然運動などはできません。
ひたすらジーっと布団で横になり、痛みが引くのを待つしかありません。

で、どういうわけか
食事のダイエットまでお休みしてしまいました。

本来「ぎっくり腰で運動ができない」ことと
「ダイエット」は関係ありません。
ましてや「ぎっくり腰」と「食事」なんてまったく無関係です。

でも人間心理として
「ぎっくり腰で運動できない」=「ダイエットできない」
と考えてしまい、その結果
「食事のダイエットもやめてしまう」
という図式になってしまったんですね。

やがて、ぎっくり腰が治って、ふと鏡を見ると、
そこにはでっぷりとお腹の出た自分が…
そして体重計に乗ると…

あれだけ食事と運動に頑張っていたのに、
たった1回ぎっくり腰になっただけで、すっかり冷めてしまい
ダイエットをやめてしまったのです。

そして最後に一言。
「あー、ダイエットなんてしていたからぎっくり腰になったんだ」
とか
「ダイエットなんて体質を壊すだけだから無理しないようにしよう」
「やっぱりオレはダイエットなんてできない人間なんだ」
などなど、こんな風に論理が飛躍し、
せっかく頑張っていた苦労を無に吹き飛ばすだけでなく
2度とダイエットをやらないように
自分で自分を方向づけてしまうんですよね。

そもそも、ダイエットしていたから
ぎっくり腰になるなんてことはありえません。

まったく無関係なのに、なぜか責任をダイエットに押し付けてしまい、
せっかくのチャンスを、
たかがぎっくり腰一つで吹き飛ばしてしまったのです!
【基礎知識】ターミナル型の不動産屋

【基礎知識】ターミナル型の不動産屋

★メニュー

【基礎知識】家賃交渉をする時のコツ
【基礎知識】賃貸契約する時には審査がある
【基礎知識】良い不動産屋の条件
【基礎知識】ターミナル型の不動産屋
【基礎知識】流通物件と独自物件の違い
【基礎知識】良い賃貸物件選びの近道
【基礎知識】貴方の条件が現実的かをチェック
【基礎知識】賃貸マンションを選ぶメリット
【基礎知識】賃貸の物件情報で費用面を確認
【基礎知識】物件探しで下見はとっても重要


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)とっても簡単に見つかる理想の賃貸