【基礎知識】良い不動産屋の条件

"良い不動産屋を利用して良い賃貸アパートやマンションを見つけるという事は当たり前ですが誰でも考えることです。
物件選びでは条件を決めるのは大変大切なことであり、この条件を親身になって考えてくれる評判の不動産屋を利用しましょう。

 

賃貸へ引越しをしてその物件に住むのはあなた自身ということを忘れないでください。
後になって後悔をしないためにも信頼出来る不動産屋探しから始め、自分の理想とする物件を見つけましょう。

 

初めて賃貸アパートやマンションに引越しを考えている人というのは、家賃の相場や最寄り駅までの距離や所要時間など知りたい情報が山のようにあるのではないでしょうか?
当然のことですは不動産屋はこのような質問に対して答える義務がありますので、まさにこれが最低限不動産屋に対して求められる信頼性ということになります。"

LED看板
http://led-pro.co.jp/effect/about.html
LED看板



【基礎知識】良い不動産屋の条件ブログ:2017-10-11

娘を育てている時、
あたしはしょちゅう、
揺れ動いていたような気がします。

「娘のご飯を作る」という場面でも…

娘が喜ぶ顔を見たくて、
娘の好物をメニューに加えたり

少しでも健康で元気に毎日を過ごしてほしくて、
栄養のバランスを考えたり…

食事の後に、
ビタミンが摂れるようにと果物を用意したり…

それらを、
とってもワクワクしながら出来る日もあれば、

毎日の事となってしまって、
ただ、なんとなく仕方がないからやってるってこともあったり…

手作りのものを作ってやらないと
悪い母になった気がして、作ったり…

コンビニでお弁当を買ってくることに、
とっても罪悪感を感じてしまうから
仕方がないから作ろうと思って頑張ってみたり…

そんな事って、たくさんあったんですよね。

どれもこれも、人間ですから、
持ってしまう感覚だったり感情だったりします。

良いとか悪いとかでは無くて、
そんな事もあってOKなんでしょうけど
「与える」って状態で居たほうが、
娘もあたしもとっても「楽」なんですよね。

例えば…
「今日のご飯は、イマイチ…」とか言われても、

「与える」って感じの状態だったら、
「そう?味加減?どうしたら良いと思う?」と聞いてみたり
明日は、こんな風にしてみようかな〜と工夫が生まれます。

でも、仕方なく
「作らねばならない!」と思いながら作った料理で
「イマイチ…」って言われると
「なに〜!こっちも頑張って作ったのに!!」と
怒りを感じてしまう…なんて事もありました。

日常のこんなほんの些細な事でも、
あたしはそうでしたから
仕事や社会との関わりとか、色んな場面で
この揺れる感覚は、本当にたくさんありました。


このページの先頭へ戻る